分離発注の2世帯住宅の設計監理例  神奈川県相模原市

新聞やTVで問題になる悪質リフォームや新築手抜き工事は
設計監理者のいない現場で行われます。


分離発注の工事は、事務所で細かく設計監理を行い、お引渡しします。


監理では、地盤調査から始まり基礎工事、配筋検査、
金物、屋根、外壁、下地、内装チェックなと多くの項目を見ます。


@ 事前の確認
  敷地調査と地盤調査
  地盤の強さ、敷地の高低差、道路状況などを調べます。 
  調査を元に、基礎補強や地盤改良などをする判断をします。

A 
基礎の確認
   鉄筋の種類や配筋ピッチ、コンクリート強度、厚みなどの検査をします。 




B 躯体確認
   耐震構造壁、耐震金物確認
   耐震基準に合った、耐震壁や構造金物の設置確認をし検査をします。


   各種耐震金物取り付



  柱頭金物と筋交金物         基礎と柱をつなぐホールダウン金物



                                        検査機関による躯体中間検査


C 外部仕上げ確認

屋根工事、バルコニー防水工事
外壁サィディング工事



上棟すると屋根工事を行います。防水ルーフィング、屋根葺きを確認します。 
バルコニーの防水はFRP防水不燃仕様です。
雨漏れを防ぐサッシ廻りの防水テープ張り、外壁防水紙張りなどを確認します。
サィディングの通気胴縁や仕上げ状態、目地のシーリングがきちんと行われているかなどを確認します。



D 見えなくなる部分の確認
屋根、外壁、床下断熱材、給排水配管確認



断熱材の施工や排水配管防音巻きの確認をします。
電気配線経路なども将来のメンテナンスを考慮して記録しておきます。


D 内装仕上げ設備機器確認
   内部仕上げ 設備機器の設置などを確認します。





E 工事完了
確認
   内部のクリーニングや、最終確認をしてお引渡しいたします。












トップへ