住む人が主役の家づくり 分離発注方式


分離発注は中間経費を削減して、品質の良い家をローコスト化して作ります。
工事をそれぞれの専門職に直接依頼し、工務店や住宅メーカーを通さずに作る方法です。
資材なども、可能な限り直接購入します。
支払うお金を無駄なく、建物の品質や材質に反映させる方法です。

工務店や住宅会社一社が、全て請負うのが一括請負方式です。
一括請負の場合は、見積もりに経費を乗せて出しています。
これは決して悪いことではありませんが、35%の経費なのか50%の経費なのか
お施主様にはわからない仕組みです。

この経費は、ほとんど全ての工事や資材、材木などに上乗せられています。
自分の思い通りの家を、思う予算で実現するには。
予算が2.000万円、工事原価1.500万円の場合、
経費50%では750万円 総額は2.250万円になり予算オーバーとなります。
2.000万円で納めるには、経費30%で450万円、総額は1.950万円

つまりこの上乗せ経費の多い、少ないによってまったく同じ坪数の住宅、仕様で
建築費は大きく変わってくるのです。
中間経費の削減効果がいかに大きいか、わかると思います。

一括請負では請負い会社が現場管理をしますが、
分離発注では設計した事務所が全体をマネジメントして行います。


分離発注方式の経費削減図

一括請負と分離発注 建築費比較例

各専門職の工事原価 
基礎工事 100万円 躯体工事 (屋根、外壁、サッシ、大工) 700万円 
内装仕上工事(建具、床、壁、天井仕上げ) 450万円
設備機器工事(キッチン、ユニットバス、化粧台、トイレ) 500万円  電気、給排水工事 200万円
その他工事(足場、清掃、産業廃棄物等) 50万円
工事原価合計 2.000万円

一括請負では、これに会社経費が上乗せされます。
経費40%の場合、2.000万円X40%=800万円
お客様との一括請負契約金額は、2.800万円となります。

分離発注では、各業者からの見積もりが、そのままお施主様出しの金額になります。
当社の設計及び監理、マネジメント料は20%ですから、差し引き20%の減額になります。

お客様との契約金額の総額は、2.400万円となります。 


同じ坪数、仕様の家でお施主様は400万円の節約、又は品質向上が出来ます。
消費税も8%では、384万円が192万円で済みます。
分離することにより契約印紙料も少なくて済みます。

分離発注の家づくり 他との比較でもかまいません、お気軽にご相談ください。
TEL&FAX  042-753-5675 
メール
 

 
               トップへ