分離発注の楽しい家づくり 村山設計室



基本的には家の作り方は変わりません。

1.最初に、新築場所、希望の坪数や間取り、
 建築予算、入居希望時期などをお聞きします。 

2.簡単なラフプランを作成します。 (お客様のスケッチなども参考にして作ります)

3.ラフプランを元に概算見積もりを出して、希望予算に合うか比較します。
 概算見積もりは、これまでに分離発注で建てた実績積算資料により
 作成することにより精度を上げています。

4.ラフプランと概算見積もりより、設計委託契約の判断をしていただきます。

5.設計監理委託契約の締結  

6.基本設計業務 ラフプランを正式なプランにする作業です。

7.実施設計業務 詳細設計と屋根、外壁などの仕上げ材の選定と確定などを行います。

8.実施設計中及び完了後、正式見積もり以来を出し業者選定を行います。

9.確認申請業務 確認申請を出し、建築関連法令に合っている建物である確認をします。

10.工事請負契約会  各専門業者ごとに分離請負契約をします。
              事務所は工事監理者として契約書に立会い押印します。

11.現場監理業務   着工から完成引渡しまで設計監理をします。

以上の流れになります。



相模原市で建てた2世帯住宅の分離発注の現場監理例です。
着工から竣工まで


村山設計室
メール